メールソフト設定方法「匠」
  1. HOME
  2. インポート

メールデータ移行の互換性について

どのメールソフト同士もスムースに全てのデータが移行できるとは限りません。同一ソフトのバージョンアップであれば互換性があるように作られていますが、異なるメーカー同士の場合は互換性がないものもあります。メールデータの移行をする際には必ずメーカーのサイトなどで互換性を調べた上で移行することをおすすめします。

インポート(メールデータの復元)

エクスポートされたデータを新しく利用するメールソフトから読み込んで使用することができます。これをインポートと言います。下記参考例はOutlook2013の場合です。

1.Outlook左上の[ファイル]をクリックして、[開く/エクスポート]を選択します。

Outlookへインポート

2.[インポート/エクスポート]を選択し、[他のプログラムまたはファイルからエクスポート]を選びます。この場合はpstファイルを選んでます。

インポート選択画面 インポート/エクスポート ウィザード

ファイルのインポートウィザード 参照ウィザード

あとは流れに沿ってインポート完了し、Outlookを開いてデータが復元できていればOKです。